ブログ

2019.07.05

【避難勧告等に関するガイドライン】の改定②

九州南部で大雨による災害が続いてます。

週末も大雨の予報が出ており、

雨だけでなく、断続的な雨による土砂災害が発生する可能性もあるので、

引き続き警報や避難情報に注意する必要があります。

 

前回ブログで 【避難勧告等に関するガイドライン】の改定についてお伝えしましたが、

今回の大雨災害がありましたので、前回に引き続きご案内と補足をしたいと思います。

 

今まで注意報、警報、避難勧告など言葉で案内していましたが、

分からづらいなどの理由から、警戒レベルを1~5段階で設定することになりました。

 

事前に大雨が予想される場合には、常に最新の防災気象情報を確認し、

警戒レベル1や2の段階で心構えをしておくことが大切です。

そして、市町村から【警戒レベル4】が発令されたら確実に避難を開始して下さい。
※高齢者等は【警戒レベル3】で避難開始

今回の九州南部では【特別警戒レベル5】が発令されています。

 

 

今はこの改定についてニュースなどでも報じられているため

意識的に避難ができると思いますが

 

1番怖いのは【慣れ】てしまうことです

 

少しでも災害の危険があれば市町村は警戒レベル4を発令します。

万一の場合に備えてなのでこれは当たり前のことですよね。

そうすると『発令されたけど何もなかった・・・』なんてことが

多く発生する可能性があります。

 

そのうち感覚がマヒして『どうせ避難しても何もないでしょ』になり

避難しようとしたときには警戒レベル5で逃げ遅れてしまう。なんてことも

 

こうならないように『今回は避難したけど何もなくて良かった』

と言い聞かせて、心構えを変えないようにしましょう。

 

前回ブログで新潟での地震の話をしました

東日本大震災があったからこそ

『地震速報が流れたので、とにかくすぐ高台へ避難しました』

この気持ちを常に持ち続けることが本当に大切だと思います。

一覧へ