ブログ

2019.04.05

防災対策②

前回は【災害時に役立つ知識を身に付けましょう】というお話しをしましたが、

今回は【正確な情報をいち早くキャッチする】方法についてお話ししたいと思います。

『近所で買い物中に自宅の方へ消防車が向かっていったけど・・・

・・・まさか自分の家じゃないよね??』とヒヤッとした経験ありませんか?

 

そんなときに『どこで火災が発生したのか』が分かれば安心ですよね?

 

実は自治体で火災などの災害時に情報をメールを配信してくれるサービスがあるんです。

私は【岐阜市気象・災害情報等メール配信サービス】を登録しています。

事前に登録しておくと、火災が発生した際に

<火災発生連絡>
〇時〇分頃、岐阜市〇〇地内で建物火災が発生しました。

と発生を知らせるメールが届きます。

(ちなみに本巣・瑞穂・山県市も岐阜市消防本部管轄のためメールが届きます)

 

もちろん気象・災害情報等なので火災だけに限らず、

警報・注意報から地震速報、行政・防犯情報と様々な情報を配信してくれます。

 

ただ、毎日のように火災発生のメールが届くので、

『火災ってこんなに頻繁に発生してるんだ』と実感して怖くもなります。

先月のブログでご案内しました通り、

春は1年で最も火災が多い時期なので、あらためて火の用心でお願い致します。

 

岐阜市にお住まいの方はぜひ登録してみて下さい。

また、岐阜市以外にお住まいの方も

ご自身の地域で同じようなサービスがないか探してみて下さい。

一覧へ