ブログ

2018.12.14

飲酒運転は絶対にダメ

いよいよ今年も残りわずかとなりました。

年末に向けてお仕事も一番忙しい時期ですよね。

急に寒くなってきましたし、体調管理には十分お気を付けください。

 

この時期を乗り越えると待ってるのが【忘年会】、

そして、必ずニュースになるのが【飲酒運転】による事故です。

 

今年は有名芸能人の飲酒運転によるひき逃げ事故が世間を賑わせましたが、

それでも全国で飲酒運転による事故が後を絶ちません。

 

このブログでは毎年この時期に『飲酒運転防止』についてご案内していますが、

今年も懲りずに言わせて下さい!飲酒運転は絶対にダメ!!!!

 

 

2015年のブログでは飲酒運転の罰則についてご案内しました。

みなさんご存知だと思いますが、ドライバーの飲酒運転が発覚した場合、

ドライバーだけでなく周りの人も処罰を受ける可能性があります。

 

例えば

・飲酒運転をしたドライバーに車両を提供した

・車で来ていることを承知で飲酒を進めた

・飲酒運転を知っていながら同乗したり、運転を依頼した

こういった場合でも道路交通法により厳しく罰せられます。

 

『じゃあ自分が罰金払うの嫌だから、飲酒運転の人の車には乗らないでおこう』

イヤイヤ、お金の問題いじゃありません。

お金よりも何よりも、まともに運転できない人に自分の命を預けられます??

私は絶対にイヤです。

とは言え、もちろんですが、自分の命が大事だからと

飲酒運転の友人をそのままひとりで帰すのも絶対にやめて下さいね。

 

ではどうしたらいいのか?

・友人同士であれば事前にハンドルキーパーを決める

・そもそも自動車を飲食店に乗っていかない

・公共交通機関を利用する

 

もちろん運転代行サービスを利用する方法もありますが、

一度お酒を飲んでしまうと判断力が低下し、

『家まで近いから』『ちょっと休憩したから』『少ししか飲んでない』など、

過信や慢心によって飲酒運転をしてしまうケースが多いので、

やはり事前に帰宅方法を決めてから出かけた方がいいと思います。

 

そして何よりもお互いに飲酒運転を『しない!』『させない!』という強い意志を持ち、

皆で協力することが大切です!

 

 

ほんの一瞬の気の緩みで人生台無しにしてもいいですか?

残された家族はどうしたらいいです?

事故のお相手の人生は?家族は??

 

飲酒運転は絶対にダメです。

一覧へ