ブログ

2017.08.25

ゲリラ豪雨・雷雨の豆知識

最近、よく聞くようになった『ゲリラ豪雨・雷雨』

本巣市でも先週金曜日には大雨が降り、今週火曜日には雷と本当によく発生します

その名の通り、突発的に・局地的に発生するため、なかなか予測するのが難しいです

・・・が少しでも知識を蓄えて被害を少なくしたいですね!

そのために今日は『ゲリラ豪雨・雷雨』に関するクイズをしたいと思います

 

問題はこちら↓

『ゲリラ豪雨・雷雨』に関するクイズ

答えはこちら↓

 

 

 

 

 

Q1過去、日本で1時間に降った雨の量で最も多いのは?

①61mm/h  ②123mm/h  ③187mm/h

 

A.③187mm/h 1982年に長崎で記録したそうです

ちなみに先週金曜日、本巣市に記録的短時間大雨情報が発表されましたが

1時間に約120mm/hでした

 

Q2雷が光ってから10秒後に音が聞こえた場合、落雷地点までの距離は?

①約3km  ②約30km  ③約100km

 

A.①約3km 雷が見えてから音が鳴るまでの差は、光と音の差

光速が約30万km/s、音速が約340km/sなので10秒後に音が聞こえた場合

340km/s×10s=3400m(3.4km)離れていることになります

ちなみにウサイン・ボルトの最高km/sは12.27km/sです

 

Q3雷雨発生時の避難先として正しくないのは?

①高い木の下  ②小さな車の中  ③鉄筋コンクリートの屋内

 

A.①高い木の下 昔は木の下に隠れた方が安全と言われてましたよね…

木に落雷すると枝や葉、地中の根を通して感電することがあります

ちなみに比較的安全と言われている車でもオープンカーはダメ!

鉄筋コンクリートとはいえ避雷対策をしてないと電化製品から感電の可能性も

 

Q4降水確率50%と90%、雨が強く降るのはどっち?

①50%  ②90%  ③どちらでもない

 

A.③どちらでもない 降水確率とは雨の強さでなく、降りやすさです

過去に同じ気象条件で雨が降った確率なので100%でも雨が降らない可能性が

ちなみに降水確率は四捨五入計算するため0%は0~4%のことです

0%だから絶対に降らない!ということではありません

 

Q5『ゲリラ豪雨』という言葉が流行語大賞に選ばれたのはいつ?

①1999年  ②2008年  ③2012年

 

A.②2008年 

ちなみに年間大賞は『アラフォー』と『グ~!(エドはるみ)』でした

ちなみに1999年の流行語大賞は『だんご3兄弟』『iモード』懐かしい!!

 

どうでした?雑学のような冗談のようなクイズや答えもありましたが

災害は本当にいつどこで遭遇するかわかりません

このクイズをきっかけにさらに知識を深掘りして”いざ”に備えて下さい

一覧へ