ブログ

2018年 11月の投稿を表示

2018.11.30

あおり運転に遭ったら

前回のブログで『あおり運転の罰則』についてお話ししました

あらためて【あおり運転は犯罪です!】

絶対にしないで下さい!

 

では、あおり運転に遭った場合にどうしたらいいのか?

 

◎まず最初にやってはいけない対処法

・あおり返す

・クラクションを鳴らす

・急停車する

これらの行為を行ってしまうと自身が罪に問われる恐れがありますので、

絶対にしないで下さい。

 

◎ではどうやって対処するのか

基本的には無視をすること。

それでもしつこく追跡を続けてくる場合は、車を一旦停止させてやり過ごしましょう。

大半の相手はそれで満足して立ち去ってくれることが多いそうです。

 

でも、一旦停止すると怖いのが、相手も停止して怒鳴り込んでくるケース。

この場合には【ドアをロックして窓も開けずにすぐ警察へ通報しましょう】

警察も取り締まりを強化していますので、事情を説明すれば現場へ駆けつけてくれます。

 

また、できればですが携帯電話やスマートフォンで一部始終を録画や撮影をすると、

警察への状況説明がしやすくなります。

ただし、相手に向けての録音や撮影は、さらに逆上させてしまう危険性があるので、

ドリンクホルダーに立てるなど、細心の注意を払って下さい。

できない場合には相手のナンバープレートを控えるようにしましょう。

 

 

・・・とここまではご自身の対処方法をご案内しましたが、

やはり一番の抑止力になるのはドライブレコーダーの設置です。

相手からでも目視ができる場所に設置すれば、あおり運転はかなり減ると思います。

 

以前にブログでご案内しましたが、

東京海上日動の自動車保険にもドライブレコーダーを貸し出しする特約があります。

ドライブレコーダー機能以外にも様々なサービスが付帯されていますので、

ご興味がある方はぜひご連絡下さい。

 

お金がなくてなかなか・・・という方には、

ダミーカメラの設置や『ドライブレコーダーで録画中です』といったステッカーでも、

多少は抑止力になるかもしれません。

まずは『自分の運転が記録されているかも』と思わせることが大切です。

 

 

最後に

あおり運転をしない、あおり運転に遭わないためには、

心にゆとりを持ち、相手を思いやる運転を心がけることが大切です。

あおり運転をする人は精神的に未熟な方が多いです。

やり返したり、まともな対応をしようとしてもトラブルに発展する可能性が高いので、

イライラする気持ちをグッとこらえて冷静に対応しましょう。

2018.11.16

あおり運転は犯罪です

小樽でのあおり運転のニュースを見られた方も多いかと思いますが

【あおり運転は立派な犯罪です!】

 

 

◎車間距離不保持による【道路交通法違反】

・高速道路では3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金(119条1項1号の4)

・一般道では5万円以下の罰金(同法120条1項2号)

 

◎無理な幅寄せをして相手を威圧、罵倒するなどの煽り行為による【暴行罪】

2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料(刑法208条)

 

◎煽り運転によって交通事故が起こり、被害者が死傷した場合には【危険運転致死傷罪】

・被害者が負傷した場合には15年以下の懲役刑(刑法第208条の2)

・被害者が死亡したときには1年以上の有期懲役刑(刑法第208条の2)

 

◎煽り運転のあげくに被害者を死亡させた場合には【殺人罪】が適用される可能性も

・死刑又は無期若しくは5年以上の懲役刑(刑法199条)

 

 

 

一時の感情でその先何十年の人生を台無しにしてもいいですか?

ちょっとイライラしてたから・・・は通用しません!

 

では、逆にあおり運転に遭ってしまったときにどう対処すればいいのか?

次回ご案内したいと思います

2018.11.02

ハロウィンと日本人の性格

今週テレビを賑わせたニュースといえば【渋谷のハロウィン】です。

軽トラを横転させたり、一部暴徒化するなどホントに嫌なニュースでした。

 

これは日本人の性格のひとつ『同調圧力』によるものだそうで、

『同調』だけであれば、

「規律を守る」、「助け合いの精神」と日本人らしい良い意味合いですが、

今回のようにハロウィンのように同調に『圧力』がつくとマイナスのイメージになります。

 

最初は「みんな」で楽しんでいたのに、そのうち誰かが暴れ出し、

それに触発された人が1人増え、また1人・・・と次から次へと人数が増えていき、

最終的には「みんな」に合わせない方がなぜか仲間外れになってしまう。

 

私自身も軽トラ横転の動画をニュースで見ましたがゾッとしました。

 

みなさんの身近なところで言うと、

学校の厳しすぎる校則や部活動、職場におけるパワハラ問題、

地域や自治会内での嫌がらせなどでも『同調圧力』の現象が起こりやすいそうです。

 

ただ、紙一重かもしれませんが良い組織や強いチームにも『同調圧力』はあります。

リーダーによる強いリーダーシップも受け取る側次第で『圧力』になりますが、

大きな違いは同調を強制するのか納得して同調するのかだと思います。

 

また、同調するだけでなく、自身の意見もきちんと伝えられる環境であることも、

良い組織を作るには大切だと思います。

 

この違いで『同調圧力』は「まとまり」や「一体感がある」という言葉に変わります。

 

みなさんの職場、学校はどうでしょうか?

みなさん自身は思ったことをちゃんと伝えられているでしょうか?

 

最後はハロウィン騒動から少しずれてしまいましたが、

こういった悪いイメージの日本人でなく、勤勉でお互いを尊重し合える、

世界に誇れる日本人になれるといいなと思います。