ブログ

2017年 8月の投稿を表示

2017.08.25

ゲリラ豪雨・雷雨の豆知識

最近、よく聞くようになった『ゲリラ豪雨・雷雨』

本巣市でも先週金曜日には大雨が降り、今週火曜日には雷と本当によく発生します

その名の通り、突発的に・局地的に発生するため、なかなか予測するのが難しいです

・・・が少しでも知識を蓄えて被害を少なくしたいですね!

そのために今日は『ゲリラ豪雨・雷雨』に関するクイズをしたいと思います

 

問題はこちら↓

『ゲリラ豪雨・雷雨』に関するクイズ

答えはこちら↓

 

 

 

 

 

Q1過去、日本で1時間に降った雨の量で最も多いのは?

①61mm/h  ②123mm/h  ③187mm/h

 

A.③187mm/h 1982年に長崎で記録したそうです

ちなみに先週金曜日、本巣市に記録的短時間大雨情報が発表されましたが

1時間に約120mm/hでした

 

Q2雷が光ってから10秒後に音が聞こえた場合、落雷地点までの距離は?

①約3km  ②約30km  ③約100km

 

A.①約3km 雷が見えてから音が鳴るまでの差は、光と音の差

光速が約30万km/s、音速が約340km/sなので10秒後に音が聞こえた場合

340km/s×10s=3400m(3.4km)離れていることになります

ちなみにウサイン・ボルトの最高km/sは12.27km/sです

 

Q3雷雨発生時の避難先として正しくないのは?

①高い木の下  ②小さな車の中  ③鉄筋コンクリートの屋内

 

A.①高い木の下 昔は木の下に隠れた方が安全と言われてましたよね…

木に落雷すると枝や葉、地中の根を通して感電することがあります

ちなみに比較的安全と言われている車でもオープンカーはダメ!

鉄筋コンクリートとはいえ避雷対策をしてないと電化製品から感電の可能性も

 

Q4降水確率50%と90%、雨が強く降るのはどっち?

①50%  ②90%  ③どちらでもない

 

A.③どちらでもない 降水確率とは雨の強さでなく、降りやすさです

過去に同じ気象条件で雨が降った確率なので100%でも雨が降らない可能性が

ちなみに降水確率は四捨五入計算するため0%は0~4%のことです

0%だから絶対に降らない!ということではありません

 

Q5『ゲリラ豪雨』という言葉が流行語大賞に選ばれたのはいつ?

①1999年  ②2008年  ③2012年

 

A.②2008年 

ちなみに年間大賞は『アラフォー』と『グ~!(エドはるみ)』でした

ちなみに1999年の流行語大賞は『だんご3兄弟』『iモード』懐かしい!!

 

どうでした?雑学のような冗談のようなクイズや答えもありましたが

災害は本当にいつどこで遭遇するかわかりません

このクイズをきっかけにさらに知識を深掘りして”いざ”に備えて下さい

2017.08.04

夏休みの交通事故

 

先日テレビ番組でお笑い芸人の中川家が子供のころにおかした

自転車事故のしくじり話をしていました

 

『度胸試しで左右の確認もせずに大通りへ飛び出し、路線バスと正面衝突した』

大人になった今では考えただけで『ゾッ』とする話ですよね

 

『こんな危険なことをする子供はきっと目立ちたがり屋のタイプ

”まさかうちの子に限って!”と思っている親さん』・・・要注意です!!

 

専門家によれば、内弁慶な子供こそ

『周囲に理解されない、自分をうまく表現できない』というストレスから

”アクティングアクト(無意識の衝動・欲求・感情・葛藤が行動に表現されること)

と言われるストレスを爆発させるための危険な行動してしまうことがあるそうです

 

中川家の2人のきっかけは些細なことで

暇を持て余していた2人が時間を潰すために考えたほんの小さな悪ふざけが

段々とエスカレートしていき、最後には危険な行動に走ってしまったようです

 

その他にも様々な大惨事をおかした中川家の今現在の家訓が

『子供に暇な時間を与えず熱中することを1つ見つけてあげよう』でした

 

『あれはダメ、これもダメ』、『ああしなさい、こうしなさい』と

何でも親の言うとおりに抑えつけるのではなく、

自分から好きなこと・熱中できることを見つけることで

ストレスなく、楽しく過ごせるようになるということでしょうかね

 

ちなみに中川家は中学の部活動でラグビーに熱中してから

遊ぶ暇もなくなり、順調に過ごせたようです

子供のためにも、家庭のためにも、何か好きなものを見つけてあげられるといいですね

 

 

今度は私たち車を運転する側にもできる【飛び出し事故を防ぐポイント】を3つ

①歩道に子供がいたら、反対側の歩道にも注意!

片側の子供に注意していても、その反対車線側から友達が飛び出してくることも

 

②駐車車両がある場合は死角からの飛び出しに警戒!

車両近くにいる子供は車が死角となり、近づいている車に全く気が付かないことも

 

③子供が横断し終えてたら、再度周囲を確認!

子供は視野が狭く、周りを見ずに目の前の友達に続いて飛び出してくることも

 

大人も子供も、自転車も歩行者も自動車も交通ルールを守って楽しい夏休みにしましょう!!

 

最後に

まもなくお盆休みとなりますが帰省されたご家族がお車を運転する機会はありませんか?

自動車保険の内容が『本人・夫婦限定』や『家族限定』だと保険が使えないこともあります

補償内容をご確認いただき、運転する場合は必ず変更手続きを行ってください

また、事故や故障でお困りの際にサポートできるサービスもございますので一度ご確認下さい

 

車の故障や事故のときの緊急連絡先は

保険工房ハヤシ
電話:058-324-6908
メール:info@hoken-koubou-h.jp
H.P:http://hoken-koubou-h.jp/

保険会社連絡先
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/songai/contact/