ブログ

2016年 12月の投稿を表示

2016.12.22

飲酒運転は絶対にダメ!

『飲酒運転は絶対にダメ!』

 

昨年も同じ時期にブログを書きましたが今年も書きます

『クドい』と言われようが、『そんなことわかっている』と言われようが構いません!

自動車保険を販売する私たちにとって『飲酒運転撲滅』は社会的使命だと思っています

 

罰則等については昨年のブログを参考にしていただいて

今日はシンプルにいきます

 

『オレはお酒に酔っても普通に運転できる』と思っている人

無理です!絶対にそんなことありません

 

お酒を飲んでもすぐには酔いません

アルコールは胃や小腸から吸収され、血液に入り、循環して脳に到達します

そのため飲んだ直後は酔った兆候は出ません

でも勘違いしてはいけません!必ずあとで酔いが回ってきます

 

また飲酒を続けていると、アルコールの作用に慣れが生じてきます

そうすると、実際には血中アルコール濃度はほとんど変わっていないのに、

酔いの自覚症状が薄れていきます

それで、自分の意識が正常だと思いこんで飲酒運転をしてしまう人がいるのです

酔った時の感覚は全く当てにできません

 

飲酒運転の理由で多いのが『自分では意識が正常だと思っていた』だそうです

繰り返しです!『正常でいられる』なんてそんなこと絶対にありません

お酒を飲んだときは、絶対に運転してはいけません

 

 

最後にもうひとつ

夜の事故は保険会社も必ず飲酒の有無をチェックします

もちろん私たちもお客様を信じていますが

飲酒に対しては厳しく対応させていただいております

夜の事故は自損事故でも自己防衛のために警察へ届け出をして下さい

 

世の中からを飲酒運転をする人がいなくなりますように・・・

そして飲酒運転で悲しむ人がいなくなりますように・・・

2016.12.09

乾燥しやすい冬

%e4%b9%be%e7%87%a5

運転中に虹を発見しました!

珍しい!『乾燥している冬』にはあまり発生しにくいそうです

では逆に『乾燥している冬』に発生しやすいのは・・・【火災】です

 

消防庁によると27年1月~3月における火災の概要は

総出火件数11,535件、およそ1日あたり128件、11分に1件発生しています

 

出火原因の中で最も多いのが

『こんろ(13.4%)』、『ストーブ(10.2%)』、『たばこ(10.1%)』

 

冬場なので特にストーブが気になりますね

◎防止策としては

・寝る際に寝具類の近くで使用しない

・洗濯物の乾燥に使用しない

・エアゾール缶を近くに置かないなど

 

さらに気にしていただきたいのが

たばこの次に出火件数が多い【放火(7.3%)】です

 

放火に関しては正直防ぎようがないですが

・燃えやすい古新聞や雑誌を家の周りにおかない

・センサーライトを設置する

・門扉、倉庫、車庫等に鍵をかけるなど

放火しにくい環境を作ることが大事だと思います

 

最近は近所付き合いがあまりないなんて聞きますが

万一に備えてお隣さん同士で声を掛け合うことも必要ですね!

 

これから年末に向けて忙しい日が続きます

疲れてソファーで寝てしまった!なんてこともあるかもしれません

普段から防止策を講じて未然に火災を防ぎましょう

 

そして、もちろん火災保険にご加入いただくことも忘れないで下さい!