ブログ

2016年 9月の投稿を表示

2016.09.30

応急手当講習

通報を受けてから救急車が現場に到着するまでの平均時間は・・・??

 

先日、当社のメンバー全員と松浦自動車さんと合同で応急手当講習を受講しました

 

受講したきっかけは

偶然通りかかった交通事故の現場で、ケガ人を目の前にしたとき

救急隊員の指示通りに行動がなかなかできず、知識や経験のなさを実感したからです

 

仕事上、事故現場に行くことが多いので、このままではいけないと思い

本巣消防の方にご協力頂き、胸骨圧迫や人工呼吸などの心肺蘇生法やAEDの使用方法など

救命処置の流れを全員で実演しながら教えて頂きました

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-30-18-48-56

講習を受けて感じたことは、言い方はよくないかもしれませんが

心肺蘇生法もAEDも受講することによって誰にでもできる技術だということです

 

でも知らなければ当然ながら『いざ』というときに実践することはできません

だからこそ、今回この講習を受けた意義はとても大きいと感じました

 

保険代理店として、より多く人に自動車保険へご加入いただくことも大事な使命ですが

今回の応急手当を含め、保険以外でみなさんのお役に立てることがまだまだあると思います

保険を通じて『安心をお届けする』ため、これからも努力を続けていきます

 

A、答え

救急車が現場に到着する平均時間は『約8分』

その8分間に応急手当をすれば救命のチャンスはグッと高まるそうです

 

2016.09.16

台風16号

台風16号

どうやら東海地区に接近するのは連休明けになりそうです

 

万一、大型台風が接近して自治体から指示が発令されたら

みなさんは次のうちどの指示が出たら危険だと感じます?

 

①避難準備情報

②避難勧告

③避難指示

 

『避難準備情報』

人的被害が発生することが予測され、避難に向けて準備をしておくべき状況に発令されます

◎とるべき行動

いつでも避難に移れるように避難所の位置確認、非常用持ち出し袋の用意、

家族への連絡などを事前に済ませておき、気象情報から目を離さないでください

 

『避難勧告』

避難勧告は人的被害が出る危険性が高まっている状況で発令されます

しかし強制性はなく、避難はあくまで住民の自主性に任せられます

◎とるべき行動

場合によっては避難が困難な状況になりかねないため、速やかに避難してください

 

『避難指示』

災害の現象が切迫し、人的被害が発生する危険性が非常に高いと判断された際に発令されます

堤防が近くにあるなど地域性による災害リスクから判断されることも

またすでに被害が出始めているという状況下でも発令されます

◎とるべき行動

避難行動中の方は速やかに避難所まで急ぎましょう

もし避難行動をするにも危険な状況に差し迫り、避難までかなりの時間を要すると判断した

場合は無理に動き回るのは危険です

命を守ることを第一に、自宅の2階やマンションの屋上などに避難して救助を待ちましょう

 

聞いたことはあるけど指示の違いを知らなかった人、多いと思います

でも実際の災害現場ではこの指示通りに避難できるかわかりません

 

そんな過酷な状況の中、少しでも冷静な対応をするためにも

まずは事前に準備をすることが大切です

避難所・避難場所の確認や非常用持ち出し袋の用意は大丈夫ですか?

そして、いつ起こるかわからない災害に備えて

普段から『避難行動についての知識』を家族で共有しておくことも大事です

この連休に家族で話し合ってみて下さい

 

あともうひとつ

火災保険は災害が発生した場合に補償が受けられる内容になっていますか?

補償の見直しも大事な事前準備だと思います

補償内容がわからない場合はお気軽にご相談下さい

2016.09.02

事故が起こる瞬間

交通事故で『危ない!!』と思った瞬間、周りがスローモーションに見えた

こんな体験したことあります?

 

少し前ですが

『実際にそういった現象が起こるという研究成果を大学が発表した』

というニュースを見ました

 

危険を感じた時は視覚の処理能力が通常よりも高まり、

事態がスローモーションのように感じるそうです

 

この現象、実は私も体験したことがあります

10年近く前のことですが

青信号で交差点に進入すると右側から停まる気配のない車が・・・

ヤバイ!!思わず 『うわーーーーーーーー』と声が出た瞬間から

車にぶつかるまでの間、相手車がスローモーションになったんです

 

ただ今までこの話をしても

『へぇ~。聞いたことはあるけどホントなんだね~』

とあまり信用してもらえず・・・

でも嘘じゃなかったんです!!

次からは自信を持ってこの話をしたいと思います!

 

 

実はこの事故ときにすぐ電話をして相談したのが『保険工房ハヤシ』でした

保険の契約者でもないのに親身になって対応をしてくれたのを覚えています

これがのちに保険の仕事を始めるキッカケ(出逢い)になったのかもしれません

 

まさに『出逢いは~スローモーション~♪』ですね

若い人にはわかりませんかね??

今日もスピードの出し過ぎには注意して、ゆっくりとスロー運転でお願いします