ブログ

2016年 8月の投稿を表示

2016.08.19

オリンピックで寝不足

みなさんはオリンピックの見過ぎで寝不足になっていないですか?

私も【徹夜】とまではいかないですが朝早くから夜遅くまでテレビを見てしまいます

 

中でも岐阜や東海地方にゆかりのある選手が出場すると

勝手に親近感を感じて、まるで知り合いかのように応援してしまいます

 

岐阜の県民性は

『身内以外には全く興味がない閉鎖的な性格だけど、身内にはとってもあたたかい』だとか

やっぱり正真正銘、根っからの岐阜人のようです

 

本題に戻りますが、オリンピックで寝不足の方!

寝不足だからと言って昼間の仕事に差し支えるわけにはいきません!!

今日は寝不足でも仕事を乗り切るための秘策【昼寝】の方法をお伝えしたいと思います

【昼寝】は疲労回復、集中力アップ、ストレスの軽減などの効果があるそうです

 

◎昼寝時間は20分程度

30分以上になると深い睡眠(ノンレム睡眠)になり目覚めが悪くなるので注意

◎昼寝の前にコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインは30分後に効き始めるので目覚めがスッキリ

◎姿勢は横になるよりも座ったままで

横になるとグッスリと寝てしまい、短時間で目覚めることが難しくなるそう

◎起きたら光を浴び、体を動かす

昼寝の後は、太陽の光を浴びて目を覚ます、体を動かしたりガムを噛むのも有効

 

毎日、寝不足で昼間に睡魔に襲われる方はチャレンジしてみて下さいね

一説によりと昼寝1時間は通常の睡眠3時間分の効果があるとか!?

くれぐれも休憩時間に昼寝して下さいよ!仕事中は絶対にダメですからね

 

追伸

先月ブログでご紹介した柳ヶ瀬の『サンデービルヂングマーケット』

今週日曜日21日に開催してるので家族でお出かけしてみて下さい

2016.08.05

飲酒運転について

先日、社外研修で【飲酒運転】について話をする機会があったので

その後、社内でも意見交換をしました

 

◎自動車保険の話だけをするのであれば

・車両保険、人身傷害など(運転者本人)の保険金は支払われません

これで終わりです

 

でも、それだけではありません

◎社会的な罰として

・免許の停止や取り消し、最高20年の懲役など

の罰則を受ける可能性があります

 

だとしても自分が苦労するだけ・・・

 

 

・・・ではありません!!

 

飲酒運転で大きな事故を起こせば

職場で、近所で社会的な信用を失い、退職や引っ越しをしないといけないかもしれません

そうなると経済的な基盤も失ってしまいます

大切な家族を巻き込む可能性も大きく、もはやひとりの問題ではありません

 

飲酒運転で死亡事故を起こし、ご本人(夫)も亡くなった方の奥様の手記を読みました

残された奥さんと子どもは相手の遺族に多額の賠償金を請求され、

貯金を取り崩し、家にある家財道具を売り、夫の退職金も全て支払いに充てましたが

相手のご遺族は納得せず

子どもからは『お父さんはどうしたの?』、『なぜテレビがなくなったの?』

とせがまれ、ひとりでは抱えきれず、ついに生活が立ち行かなくなり、

最後は子どもを道連れに自殺をしてしまった

という非常に辛い内容でした

 

これくらいなら大丈夫・・・そのちょっとした油断で、ちょっとした慢心で

大切な家族の人生をめちゃくちゃにしてしまうかもしれないのです

 

 

私たち保険代理店は自動車保険を契約する際に、必ず『重要事項説明』をします

その中に飲酒運転に関してのお話も必ずさせていただきます

 

保険商品を販売するだけであれば

『保険のお支払いができない場合があるから飲酒運転はダメです』

でいいと思いますが

『保険を通じてお客様やご家族をお守りする』

という使命を持って保険の仕事をするのであれば

【保険が支払われないから】ではなく【大切なお客様やご家族を守るため】にも

飲酒運転の危険について必ずお伝えしていくべきだと感じました

 

また意見交換をする中で

『契約者様だけに話をするのではなく

家族全員が揃った席で話をすることで、より飲酒運転に対する意識が高まるのでは?』

という意見がありました

 

お盆休みでお酒を飲む機会もあると思いますし、

家族や親戚で集まる機会もあると思います

一度、家族で【飲酒運転の危険さ】について話し合う時間を作ってみて下さい

 

保険のお手続きの際に事前にお声かけいただければ

ご家族の前で飲酒運転についてお話しする機会も作っていきたいと思います