ブログ

お知らせの投稿を表示

2017.08.25

ゲリラ豪雨・雷雨の豆知識

最近、よく聞くようになった『ゲリラ豪雨・雷雨』

本巣市でも先週金曜日には大雨が降り、今週火曜日には雷と本当によく発生します

その名の通り、突発的に・局地的に発生するため、なかなか予測するのが難しいです

・・・が少しでも知識を蓄えて被害を少なくしたいですね!

そのために今日は『ゲリラ豪雨・雷雨』に関するクイズをしたいと思います

 

問題はこちら↓

『ゲリラ豪雨・雷雨』に関するクイズ

答えはこちら↓

 

 

 

 

 

Q1過去、日本で1時間に降った雨の量で最も多いのは?

①61mm/h  ②123mm/h  ③187mm/h

 

A.③187mm/h 1982年に長崎で記録したそうです

ちなみに先週金曜日、本巣市に記録的短時間大雨情報が発表されましたが

1時間に約120mm/hでした

 

Q2雷が光ってから10秒後に音が聞こえた場合、落雷地点までの距離は?

①約3km  ②約30km  ③約100km

 

A.①約3km 雷が見えてから音が鳴るまでの差は、光と音の差

光速が約30万km/s、音速が約340km/sなので10秒後に音が聞こえた場合

340km/s×10s=3400m(3.4km)離れていることになります

ちなみにウサイン・ボルトの最高km/sは12.27km/sです

 

Q3雷雨発生時の避難先として正しくないのは?

①高い木の下  ②小さな車の中  ③鉄筋コンクリートの屋内

 

A.①高い木の下 昔は木の下に隠れた方が安全と言われてましたよね…

木に落雷すると枝や葉、地中の根を通して感電することがあります

ちなみに比較的安全と言われている車でもオープンカーはダメ!

鉄筋コンクリートとはいえ避雷対策をしてないと電化製品から感電の可能性も

 

Q4降水確率50%と90%、雨が強く降るのはどっち?

①50%  ②90%  ③どちらでもない

 

A.③どちらでもない 降水確率とは雨の強さでなく、降りやすさです

過去に同じ気象条件で雨が降った確率なので100%でも雨が降らない可能性が

ちなみに降水確率は四捨五入計算するため0%は0~4%のことです

0%だから絶対に降らない!ということではありません

 

Q5『ゲリラ豪雨』という言葉が流行語大賞に選ばれたのはいつ?

①1999年  ②2008年  ③2012年

 

A.②2008年 

ちなみに年間大賞は『アラフォー』と『グ~!(エドはるみ)』でした

ちなみに1999年の流行語大賞は『だんご3兄弟』『iモード』懐かしい!!

 

どうでした?雑学のような冗談のようなクイズや答えもありましたが

災害は本当にいつどこで遭遇するかわかりません

このクイズをきっかけにさらに知識を深掘りして”いざ”に備えて下さい

2017.08.04

夏休みの交通事故

 

先日テレビ番組でお笑い芸人の中川家が子供のころにおかした

自転車事故のしくじり話をしていました

 

『度胸試しで左右の確認もせずに大通りへ飛び出し、路線バスと正面衝突した』

大人になった今では考えただけで『ゾッ』とする話ですよね

 

『こんな危険なことをする子供はきっと目立ちたがり屋のタイプ

”まさかうちの子に限って!”と思っている親さん』・・・要注意です!!

 

専門家によれば、内弁慶な子供こそ

『周囲に理解されない、自分をうまく表現できない』というストレスから

”アクティングアクト(無意識の衝動・欲求・感情・葛藤が行動に表現されること)

と言われるストレスを爆発させるための危険な行動してしまうことがあるそうです

 

中川家の2人のきっかけは些細なことで

暇を持て余していた2人が時間を潰すために考えたほんの小さな悪ふざけが

段々とエスカレートしていき、最後には危険な行動に走ってしまったようです

 

その他にも様々な大惨事をおかした中川家の今現在の家訓が

『子供に暇な時間を与えず熱中することを1つ見つけてあげよう』でした

 

『あれはダメ、これもダメ』、『ああしなさい、こうしなさい』と

何でも親の言うとおりに抑えつけるのではなく、

自分から好きなこと・熱中できることを見つけることで

ストレスなく、楽しく過ごせるようになるということでしょうかね

 

ちなみに中川家は中学の部活動でラグビーに熱中してから

遊ぶ暇もなくなり、順調に過ごせたようです

子供のためにも、家庭のためにも、何か好きなものを見つけてあげられるといいですね

 

 

今度は私たち車を運転する側にもできる【飛び出し事故を防ぐポイント】を3つ

①歩道に子供がいたら、反対側の歩道にも注意!

片側の子供に注意していても、その反対車線側から友達が飛び出してくることも

 

②駐車車両がある場合は死角からの飛び出しに警戒!

車両近くにいる子供は車が死角となり、近づいている車に全く気が付かないことも

 

③子供が横断し終えてたら、再度周囲を確認!

子供は視野が狭く、周りを見ずに目の前の友達に続いて飛び出してくることも

 

大人も子供も、自転車も歩行者も自動車も交通ルールを守って楽しい夏休みにしましょう!!

 

最後に

まもなくお盆休みとなりますが帰省されたご家族がお車を運転する機会はありませんか?

自動車保険の内容が『本人・夫婦限定』や『家族限定』だと保険が使えないこともあります

補償内容をご確認いただき、運転する場合は必ず変更手続きを行ってください

また、事故や故障でお困りの際にサポートできるサービスもございますので一度ご確認下さい

 

車の故障や事故のときの緊急連絡先は

保険工房ハヤシ
電話:058-324-6908
メール:info@hoken-koubou-h.jp
H.P:http://hoken-koubou-h.jp/

保険会社連絡先
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/songai/contact/

2017.07.21

ゲリラ豪雨に備える

最近『ゲリラ豪雨』と言われる局地的な大雨が各地で発生しています

車で走っていると一定の場所だけ急激に雨が降ったり、
自分のいる場所は全く雨が降っていないのに、隣の市では水害や河川が決壊していたりと
私たちもいつどこで豪雨による水害に遭遇するかはわかりません

ゲリラ豪雨に備えるためにはどのような点に注意すればいいのかをまとめてみました

 

◎避難する際の注意点

避難する際の服装は
・靴はひもで結ぶタイプの運動靴
※長靴は中に水が入ると重たくなり、体力が奪われるので✖

・傘よりも合羽
※両手が使えますし、傘だと倒れてケガするおそれがあります

いざ避難!

水の中を歩ける限界は
・成人男性・・・約70センチ
・成人女性・・・約60センチ
※もちろん個人差があるので『無理だ』と感じたら高いところに移動して救助を待ちましょう

水の中を避難するときの注意点は
・必ず傘など棒状の物で歩く前方をチェックしながら避難
※浸水によりマンホールの蓋が外れていたり、側溝に気づかないなんてことも

・避難をするには車の方が安全??
※早い段階ならOKですが、場合によっては渋滞に巻き込まれで逆に非難が遅れたり
さらに視界不良や道路冠水により二次災害の危険性も

これまで避難方法のお話をしてきましたが、その前にできることもあります!

 

◎事前準備

・避難経路の確認を
※各市町村のハザードマップを常備、機会があれば避難場所まで実際に歩いて確認

・防災グッズの用意
※特にトイレは下水が詰まったりと使用不能になる可能性大!簡易トイレをなるべく上階に

・火災保険の補償内容を把握
みなさんの火災保険は【水災】に対応していますか?
補償対象になっていれば水災による損害もカバーできます
※ただし支払いには床下浸水などの条件があるので確認が必要です

家財道具も補償対象になっていますか?
畳・絨毯・布団や家電製品など水に浸かると再利用が難しいものもあります
これらの損害は【建物】のみの補償では支払対象外になります

まずはご自身の火災保険で何が補償対象なのか?
どこまで補償してくれるのか?
一度、保険証券を見て確認して下さい

そして『内容がわからない』ということであれば何なりとご相談下さい

 

最後に

今後もし実際に避難することがあれば今日お知らせしたことを思い出してください!
・・・というのも差し迫った状態ではなかなか難しいですよね?

となると普段から家族で【避難する際の注意点】について話し合っておく必要があります

とすれば結論、今日お話しした内容は全て事前準備になりますね

やはり事前準備はすごく大事です!備えあれば憂いなし!!

2017.04.28

ゴールデンウイーク前に

いよいよゴールデンウイークが近づいてきました

車で遠出される方も多いのではないでしょうか?

 

先日テレビを観ていましたら

『大型連休の前に!交通事故から家族を守りたいSP』

という番組企画が放送されていましたので

お出かけされる前にご紹介を・・・

 

 

【高速道路催眠現象】

高速道路の走行中はまわりの景色が次々と目に飛び込んでくるため、

脳がストレスを感じて本能的に動くものが目に入ることを避るという防御機能が働き、

あまり動かないモノ(前を走っている車など)だけをじっと見つめてしまう

 

すると情報が入ってこないため脳が催眠のような状態になり、

なぜか路肩に停車してる車に吸い寄せられるようにしてぶつかったり、

ガードレールに接触してしまうという現象が起きるそうです

 

下の画像を手で小さな筒を作って、真ん中の車だけを見てみて下さい

ゆっくりになりません?

すると・・・アナタは・・・だんだん周りが見えなくなる・・・催眠にかかりました??

 

この現象は運転開始から1時間ほどで発生するため睡眠とは無関係だそうです

しかも『誰しも起こる現象なので催眠現象は防ぎようがない』と言っていました

まずはこまめに休憩すること、十分な車間距離をあけることが一番の防止策みたいですよ!

なるほど(ガッテン!)となりましたかね

みなさん安全運転で楽しいゴールデンウイークをお過ごし下さい

 

車の故障や事故のときの緊急連絡先は
電話:058-324-9608
メール:info@hoken-koubou-h.jp
H.P:http://hoken-koubou-h.jp/

保険会社連絡先
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/songai/contact/

御自身の保険内容がわからない場合もお気軽にお問合わせお待ちしております

2017.04.21

春の火災

春に発生する住宅火災の原因で多いのが『ガス・電気設備機器』による火災です

新年度ということで調理器具の使い方を知らない若い方の火災が特に多いとか

実際に多く発生している事例は・・・

 

◎天ぷら油による火災

天ぷら油は340度に達すると”自然発火”します

何かから燃え移るのではなく、この温度を超えた時点で大きな火柱が上がります

 

さらにここで消火の対応を誤ると大変なことに!

昔からよく聞く【水をかけて消火する方法】・・・【✖】

油の方が水よりも軽いため、かけた水は油の下へ

そこへ急激に温度が上昇しすると”水蒸気爆発”が起きて油が飛び散り大惨事になります

 

次に【布を上から被せる方法】・・・【✖】

布を被せると一旦消えたようにみえますが油の温度自体は下がってないことが多く

消えたとみせかけて再び発火する可能性があります

 

結果、天ぷら油火災の消火には消火器以外の方法はないそうです

普段から住宅用の消火器を備えておいた方が良さそうですね

 

②スプレー缶による火災

春になるとみなさん大嫌いなゴキブリが出始めるころです

夕飯を作っているとコンロの近くにゴキブリが!!

『これを逃してはいけない!』と慌てて殺虫剤を使用したところ

ガスコンロに引火してしまったなんてこともあるそうです

テレビで実験映像を見ましたがガスバーナーのように激しく燃えていました

その他にも電子レンジによる爆発火災や

IHクッキングヒーターによる火災なども多いそうですよ

 

新社会人の方は仕事や人間関係など慣れない環境の中での生活が続き、

家に帰るとぐったり。そのまま料理してるのを忘れて・・・

なんてことがあるのかもしれません

 

新社会人のみなさんお気を付けくださいね!

もちろん火災保険の手配もお忘れなく!!

12345...10...