ブログ

2016.11.11

クルマの冬支度

いよいよ寒い冬が近づいてきました

冬になると、上がったり壊れたりトラブルが多発しやすいバッテリー。

 

なぜか出勤前や出先など出かけている時に限って起こりがちですよね

少し前からあやしいと思っていたので確認してみたところ・・・

%e5%86%ac%e2%91%a3

なんと健全性0%!

『交換をおすすめします。』

さっそく交換してもらいました

%e5%86%ac%e2%91%a1

早めに気付いてよかったです

 

みなさんもクルマの冬支度は早いうちに

 

今回バッテリー交換をお願いした松浦自動車さんで

11/12(土)、11/13(日)とイベントを開催するそうです!

 

優しくて丁寧な対応をしてくれるので私もすごく頼りにしている車屋さんです

ご来場の方にはプレゼントもあるそうですよ!ぜひご来場下さい!!

%e5%86%ac%e2%91%a0

2016.10.28

○○の秋

【〇〇の秋】といえば何を思い浮かべますか?

 

代表的なのは

・スポーツ(運動)の秋 ・食欲の秋

こんなところですかね

 

秋は涼しく過ごしやすいから快適に運動ができる!

運動したら、お腹が空いたからに食欲が増す!

お腹いっぱいになった途端に今度はウトウトと眠気が・・・

 

そうです!前フリが少し長かったですが

今日は【睡眠の秋】についてお話をしたいと思います

 

睡眠にはカラダは休んでいても脳は活動している【レム睡眠】と

カラダも心も休んでいる【ノンレム睡眠】があり

この2つを約90分周期で繰り返すのが快適な睡眠のリズムだそうです

 

以前から夜中に何度も目が覚めたり、昼間に眠くなったりと

自覚症状があったので端末を購入して実際に自分の睡眠を計ってみました

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-28-16-43-23

やっぱり・・・。全然深く眠れていませんでした

 

【睡眠のリズム】が大事なことはわかりましたが

それだけでなく、きっちりと睡眠時間を確保することも大切なようです

 

以前にニュースでこんな記事を見ました

『1日平均7~9時間睡眠の人に比べて、睡眠が6時間以下の人は23%、

5時間以下は50%、4時間以下は73%も肥満になりやすい』

明日は何の日②

やっぱり・・・。全然体重が減りませんでした

 

 

睡眠不足の状態だと、食欲促進ホルモンが増加し、食欲抑制ホルモンが減少するため

睡眠不足が続くと食欲が増進し、メタボリックシンドロームを招く

メタボリックシンドロームを招くと、運動をしなくなるため

体重増加が進み、睡眠無呼吸症候群の可能性が高まり、また睡眠不足の振り出しに戻る

 

【〇〇の秋】 実は全部繋がっていたんですね!

 

この悪循環を断ち切るため

まずは睡眠の質を改善するためのポイントをご紹介します

①同じ時間に寝起き、食事と生活のリズムを作る

②なるべく早く寝る

③夕食は寝る2~3時間前に!腹八分を意識する

④ご自身の睡眠のリズムについて知る

(最近はスマホで睡眠のリズムが計れるアプリもあるそうですよ)

 

みなさんも【悪循環の秋】にならないよう気をつけて下さい

 

2016.10.14

いい話

先日、片側2車線の大きな道路を車で走っていた時の話

 

赤信号で停車していて私の前にはたしか3台くらい車がいたと思います

信号が『青』に変わったので発進しようとしても、前の車がなかなか進まない

 

『おかしいな?』

車の窓から交差点を見ると、赤信号で横断歩道を歩いている人が・・・

よく見ると白杖を持った目の不自由な方が赤信号に気づかず歩いていました

 

危ない!!と思いましたが

歩行者の方はすでに反対車線側まで歩いていて

私の前の車も動き出しているからどうしよう・・・と思った瞬間

 

反対車線側で3台目くらい後ろに止まっていた車から女性が降りてきて

歩行者の方にサッと手を添えて横断歩道を渡るのを手助けしていました

 

周りの人が歩行者が通り過ぎるのをただ待っているだけの中

真っ先に車から降りて手助けをした女性の方、ものすごく素敵でした!!

頭ではわかっていても実際に行動に移せる人はなかなかいないと思います

 

私事ではございますが、とても感動的な気持ちになったので

みなさんにもこの気持ちをおすそ分けしようと今日はブログに書かせていただきました

2016.09.30

応急手当講習

通報を受けてから救急車が現場に到着するまでの平均時間は・・・??

 

先日、当社のメンバー全員と松浦自動車さんと合同で応急手当講習を受講しました

 

受講したきっかけは

偶然通りかかった交通事故の現場で、ケガ人を目の前にしたとき

救急隊員の指示通りに行動がなかなかできず、知識や経験のなさを実感したからです

 

仕事上、事故現場に行くことが多いので、このままではいけないと思い

本巣消防の方にご協力頂き、胸骨圧迫や人工呼吸などの心肺蘇生法やAEDの使用方法など

救命処置の流れを全員で実演しながら教えて頂きました

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-30-18-48-56

講習を受けて感じたことは、言い方はよくないかもしれませんが

心肺蘇生法もAEDも受講することによって誰にでもできる技術だということです

 

でも知らなければ当然ながら『いざ』というときに実践することはできません

だからこそ、今回この講習を受けた意義はとても大きいと感じました

 

保険代理店として、より多く人に自動車保険へご加入いただくことも大事な使命ですが

今回の応急手当を含め、保険以外でみなさんのお役に立てることがまだまだあると思います

保険を通じて『安心をお届けする』ため、これからも努力を続けていきます

 

A、答え

救急車が現場に到着する平均時間は『約8分』

その8分間に応急手当をすれば救命のチャンスはグッと高まるそうです

 

2016.09.16

台風16号

台風16号

どうやら東海地区に接近するのは連休明けになりそうです

 

万一、大型台風が接近して自治体から指示が発令されたら

みなさんは次のうちどの指示が出たら危険だと感じます?

 

①避難準備情報

②避難勧告

③避難指示

 

『避難準備情報』

人的被害が発生することが予測され、避難に向けて準備をしておくべき状況に発令されます

◎とるべき行動

いつでも避難に移れるように避難所の位置確認、非常用持ち出し袋の用意、

家族への連絡などを事前に済ませておき、気象情報から目を離さないでください

 

『避難勧告』

避難勧告は人的被害が出る危険性が高まっている状況で発令されます

しかし強制性はなく、避難はあくまで住民の自主性に任せられます

◎とるべき行動

場合によっては避難が困難な状況になりかねないため、速やかに避難してください

 

『避難指示』

災害の現象が切迫し、人的被害が発生する危険性が非常に高いと判断された際に発令されます

堤防が近くにあるなど地域性による災害リスクから判断されることも

またすでに被害が出始めているという状況下でも発令されます

◎とるべき行動

避難行動中の方は速やかに避難所まで急ぎましょう

もし避難行動をするにも危険な状況に差し迫り、避難までかなりの時間を要すると判断した

場合は無理に動き回るのは危険です

命を守ることを第一に、自宅の2階やマンションの屋上などに避難して救助を待ちましょう

 

聞いたことはあるけど指示の違いを知らなかった人、多いと思います

でも実際の災害現場ではこの指示通りに避難できるかわかりません

 

そんな過酷な状況の中、少しでも冷静な対応をするためにも

まずは事前に準備をすることが大切です

避難所・避難場所の確認や非常用持ち出し袋の用意は大丈夫ですか?

そして、いつ起こるかわからない災害に備えて

普段から『避難行動についての知識』を家族で共有しておくことも大事です

この連休に家族で話し合ってみて下さい

 

あともうひとつ

火災保険は災害が発生した場合に補償が受けられる内容になっていますか?

補償の見直しも大事な事前準備だと思います

補償内容がわからない場合はお気軽にご相談下さい

...34567...1020...