ブログ

2019.01.11

2019年といえば

あらためまして、あけましておめでとうございます。

2019年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2019年の主な行事といえば

・9月のラグビーW杯日本開催

・10月の消費税率引き上げ

などなど今年も様々な行事がありますが、1番大きな行事といえば、

やはり天皇陛下の退位、新天皇の即位、新元号への改元ではないでしょうか。

 

まさか生きているうちに3つの元号を経験するとは思いもしませんでした。

1912年(今年108歳)以前に生まれた方は、

明治・大正・昭和・平成・新元号と5つの元号を経験するなんてすごいですよね。

 

 

ただ、和暦を採用しているコンピューターのシステムや書類などは、

変更の対応が大変みたいです。

 

私たちの仕事のことで言えば、

皆さんのお手元にある自動車保険証券は和暦表記になってます(生命保険はカッコで和暦)。

もっと身近なところで言うと、

皆さんの免許証は和暦表記になっていますよね?

私の免許証は今となっては幻の平成32年1月まで有効になっています。

 

システム変更等の対応のために1カ月早く新元号の発表をするようですが、

それでも全部作り替えるとなるとすごく大変な作業ですよね。

他にも色んなイレギュラー対応が必要になってくるのではないでしょうか。

 

でも、それだけ滅多にない歴史的な1年なんだと思います。

何はともあれ新元号が何になるか楽しみです!

皆さんにとって素晴らしい1年になりますように・・・

 

ちなみに免許証は今年の3月から西暦表記になるらしいです

2019.01.01

あけましておめでとうございます

~恭賀新年~

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成31年 元旦  有限会社 保険工房ハヤシ

新年は1月4日から通常営業とさせて頂きますが

事故の対応につきましては通常通り24時間受付いたしております

2018.12.21

年末年始営業のご案内

今年も残すところ、あとわずかとなりました。

本年も格別のご高配を賜り改めてお礼申し上げます。

年末年始の営業につきまして、下記の通りご案内申し上げます。

 

年末年始営業のご案内

2018年12月28日 通常営業

2018年12月29日~2019年1月3日まで休業

2019年 1月 4日 通常営業

事故の対応につきましては年末年始も通常通り24時間受付いたします

 

車の故障や事故のときの緊急連絡先は
保険工房ハヤシ
電話:058-324-6908
メール:info@hoken-koubou-h.jp
LINE@:@hoken-koubou
H.P:http://hoken-koubou-h.jp/

保険会社連絡先
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/songai/contact/

 

年末年始は長時間の運転や飲酒で運転を交代することもあるかと思います。

皆さんの自動車保険は夫婦限定や家族限定になっていませんか?

ご契約の途中でも運転者限定範囲や年齢条件の変更は可能です。

必要な方は事前に当社までお電話下さい。

また御自身の保険内容がわからない場合もお気軽にお問合わせお待ちしております。

 

 

 

年の瀬、お仕事も最後の追い込みでお忙しい方が多いと思いますが、

車の運転は心と時間に余裕を持って安全運転で新年をお迎え下さい!

ありがとう戌年。

2018.12.14

飲酒運転は絶対にダメ

いよいよ今年も残りわずかとなりました。

年末に向けてお仕事も一番忙しい時期ですよね。

急に寒くなってきましたし、体調管理には十分お気を付けください。

 

この時期を乗り越えると待ってるのが【忘年会】、

そして、必ずニュースになるのが【飲酒運転】による事故です。

 

今年は有名芸能人の飲酒運転によるひき逃げ事故が世間を賑わせましたが、

それでも全国で飲酒運転による事故が後を絶ちません。

 

このブログでは毎年この時期に『飲酒運転防止』についてご案内していますが、

今年も懲りずに言わせて下さい!飲酒運転は絶対にダメ!!!!

 

 

2015年のブログでは飲酒運転の罰則についてご案内しました。

みなさんご存知だと思いますが、ドライバーの飲酒運転が発覚した場合、

ドライバーだけでなく周りの人も処罰を受ける可能性があります。

 

例えば

・飲酒運転をしたドライバーに車両を提供した

・車で来ていることを承知で飲酒を進めた

・飲酒運転を知っていながら同乗したり、運転を依頼した

こういった場合でも道路交通法により厳しく罰せられます。

 

『じゃあ自分が罰金払うの嫌だから、飲酒運転の人の車には乗らないでおこう』

イヤイヤ、お金の問題いじゃありません。

お金よりも何よりも、まともに運転できない人に自分の命を預けられます??

私は絶対にイヤです。

とは言え、もちろんですが、自分の命が大事だからと

飲酒運転の友人をそのままひとりで帰すのも絶対にやめて下さいね。

 

ではどうしたらいいのか?

・友人同士であれば事前にハンドルキーパーを決める

・そもそも自動車を飲食店に乗っていかない

・公共交通機関を利用する

 

もちろん運転代行サービスを利用する方法もありますが、

一度お酒を飲んでしまうと判断力が低下し、

『家まで近いから』『ちょっと休憩したから』『少ししか飲んでない』など、

過信や慢心によって飲酒運転をしてしまうケースが多いので、

やはり事前に帰宅方法を決めてから出かけた方がいいと思います。

 

そして何よりもお互いに飲酒運転を『しない!』『させない!』という強い意志を持ち、

皆で協力することが大切です!

 

 

ほんの一瞬の気の緩みで人生台無しにしてもいいですか?

残された家族はどうしたらいいです?

事故のお相手の人生は?家族は??

 

飲酒運転は絶対にダメです。

2018.11.30

あおり運転に遭ったら

前回のブログで『あおり運転の罰則』についてお話ししました

あらためて【あおり運転は犯罪です!】

絶対にしないで下さい!

 

では、あおり運転に遭った場合にどうしたらいいのか?

 

◎まず最初にやってはいけない対処法

・あおり返す

・クラクションを鳴らす

・急停車する

これらの行為を行ってしまうと自身が罪に問われる恐れがありますので、

絶対にしないで下さい。

 

◎ではどうやって対処するのか

基本的には無視をすること。

それでもしつこく追跡を続けてくる場合は、車を一旦停止させてやり過ごしましょう。

大半の相手はそれで満足して立ち去ってくれることが多いそうです。

 

でも、一旦停止すると怖いのが、相手も停止して怒鳴り込んでくるケース。

この場合には【ドアをロックして窓も開けずにすぐ警察へ通報しましょう】

警察も取り締まりを強化していますので、事情を説明すれば現場へ駆けつけてくれます。

 

また、できればですが携帯電話やスマートフォンで一部始終を録画や撮影をすると、

警察への状況説明がしやすくなります。

ただし、相手に向けての録音や撮影は、さらに逆上させてしまう危険性があるので、

ドリンクホルダーに立てるなど、細心の注意を払って下さい。

できない場合には相手のナンバープレートを控えるようにしましょう。

 

 

・・・とここまではご自身の対処方法をご案内しましたが、

やはり一番の抑止力になるのはドライブレコーダーの設置です。

相手からでも目視ができる場所に設置すれば、あおり運転はかなり減ると思います。

 

以前にブログでご案内しましたが、

東京海上日動の自動車保険にもドライブレコーダーを貸し出しする特約があります。

ドライブレコーダー機能以外にも様々なサービスが付帯されていますので、

ご興味がある方はぜひご連絡下さい。

 

お金がなくてなかなか・・・という方には、

ダミーカメラの設置や『ドライブレコーダーで録画中です』といったステッカーでも、

多少は抑止力になるかもしれません。

まずは『自分の運転が記録されているかも』と思わせることが大切です。

 

 

最後に

あおり運転をしない、あおり運転に遭わないためには、

心にゆとりを持ち、相手を思いやる運転を心がけることが大切です。

あおり運転をする人は精神的に未熟な方が多いです。

やり返したり、まともな対応をしようとしてもトラブルに発展する可能性が高いので、

イライラする気持ちをグッとこらえて冷静に対応しましょう。

12345...1020...